4スタンス理論をクライミングに

昨日 テレビを見ていたら4スタンス理論っていうのをやっていました。
けっこう有名みたいなんでご存知の方も多いかと思いますが
忘れない為の記録もかねて

どうやら人は4つの運動タイプに分けられるみたいで
そのタイプにあった体の使い方をしないと
運動が思うようにいかなかったり、故障したりしてしまうんですって。

それをきちんと分っていれば、走るタイムが上がったり逆上がりが出来たりするらしい。
実例として先生が指導したら、子供の50m走のタイムが上がったり
30年間逆上がりが出来なかったカンニング竹山も1回で成功をしていました。

なるほどぉ~って事でこれをボルダリングに活かせないかと・・。



まず4つのタイプの中で自分がどれに当てはまるかのチェック
•「つま先重心」か「カカト重心」
で「Aタイプ」か「Bタイプ」に分かれる。

次に
•「内側重心」か「外側重心」
かで「1タイプ」「2タイプ」に

つまり2つの結果を合わせて
•「A1タイプ」
つま先重心・内側重心・クロスタイプ
•「A2タイプ」
つま先重心・外側重心・パラレルタイプ
•「B1タイプ」
カカト重心・内側重心・パラレルタイプ
•「B2タイプ」
カカト重心・外側重心・クロスタイプ


4つタイプに分けられるんです。

ちなみにツッキーはB2タイプ
確かによく履く靴を見てみたらかかとの外側が磨り減っていました。
靴のどの部分が一番磨り減っているかを見ても分るかもしれないですね。
(これは根拠がないので・・。)


診断方法
①まずはAかBか
立って前屈をします。
足は骨盤ぐらいの幅に開く(自分の安定する幅にする)
そこから前屈をするんだけど
ももの辺から足の前側を手のひらで触りながら下げてリラックス
次に
足の後側を手のひらで触りながら下げてリラックス

どっちの方が手が下に行きましたか?
前側って人はAタイプ
後側って人はBタイプです。


他のやり方としては
壁にオシリを触れるぐらいの間隔で立って
そこからしゃがんでみる
出来た人はBタイプ
ちなみにAタイプの人がやると前に倒れちゃいます。

その逆に壁に膝を付けてしゃがんでみて
しゃがめるのがAタイプ
転んじゃうのがBタイプです。

AとBかが分ったら次
右手を肩の高さまで上げて親指と人さし指で輪を作ります。
左手で右脇を押さえ、右肘を伸ばしたまま背中の方に回します。

次に
親指と薬指で輪を作ります。
左手で右脇を押さえ、右肘を伸ばしたまま背中の方に回します。

親指と人差し指をくっつけたほうが
腕がうしろまで回る人は1タイプ
薬指なら2タイプです

これで自分がどのタイプかが分ります。
もっといろんな診断方法があるんで
ちゃんと知りたい人は「4スタンス理論」で検索してみてください。



タイプ別 体幹の動き
タイプ1の人は、手足の内側、
指ならば 人差し指と中指を中心に、バランスをとっています。

外側重心(タイプ2)は、手足の外側、
指ならば 中指と薬指を中心に バランスをとるのが特徴です。

つま先重心とカカト重心
Aタイプ(つま先重心)は、
みぞおち-膝-足首を、
身体の前側に揃えて軸を作ると、
しっかりした安定感と強い出力を、自動的に得る事ができる。

Bタイプ(カカト重心)は、
首の付け根-股関節-足首を、
身体の後に揃えて軸を作ると、
しっかりした安定感と強い出力を、自動的に得る事ができる。

「A1タイプと B2タイプ」「A2タイプと B1タイプ」ですが、
それぞれに 共通点もあるのです。

A1タイプとB2タイプは「クロスタイプ」、
A2タイプとB1タイプは「パラレルタイプ」に属します。

クロスタイプは、
体の軸が右肩と左腰、左肩と右腰と対角になっています。
身体を斜めに使い、左から右、右から左へと身体の入れ替えを行うのが最大の特徴

パラレルタイプは、
体の軸が縦に真っ直ぐ平行になっています。
右肩と右腰、左肩と左腰
身体の中心線がブレないように、
右側と左側を出し入れするのが最大の特徴


そんなわけで
軸の取り方 動き方をクライミングに活かせないかと
ツッキーはB2タイプなんで
バランスをとるときに首の付け根と腰と足首を意識して
いけばいいのか?
ホールドを取りにいくときも体の軸を意識して
ひねるような動きにした方が安定とパワーが得られるんでしょうか

たしかに体を平行に移動させる飛ばしムーブよりも
ひねるようなクロスムーブの方が得意のような気がする

ポッケも中指と薬指の方がしっくりくる


そんなわけで、人それぞれバランスのとり方 体の軸が違うんで
タイプが同じ人のアドバイスはスムーズに行くけど
違うタイプの人のアドバイスはやりづらそうですね。

自分のタイプを分った上で体の使い方を意識すれば
もっとクライミング力が上がりそうですね。

一流のアスリートはそういったことが自然と分っているから
一流なんでしょうね。


ここに書いてあることは間違って書いてあるかもしれませんので
実践したい人は検索して正しい理論を学んでください。
[PR]



by tuuuuki | 2014-03-03 12:01

ボルダリングと子供が大事なんです!おもしろネタもないダラダラ日記でよければどうぞ
by tuuuuki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

画像一覧